読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My favorite things♩

わたしの好きなものを記録に残すためのブログです。

k-pop ASTRO:TO BE CONTINUED 11

k-pop ASTRO

続きです。


ep.11

今までのことを全て話すMJとアリン。みんな信じられない様子です。でも曲があるということは本当のこと…?

f:id:nanohana320:20170303112412j:plain

アリンは説明を始めます。自分は3回タイムスリップをしたことがあるということ。MJとジンジンとウヌも一緒にタイムスリップしていて、ジンジンとウヌは先に記憶を失っていること。

今までの話しを聞き終わったメンバー。MJは何度か似たようなことをいっていましたが、いつも冗談ばかりいうから、今回のことも全く信じていませんでした。「過去で何かを変えると未来に悪い影響があるんだ。でも、みんな変わらないんだな!」というジンジン。でも、過去では歌を盗まれてこんな事態になっていることはありませんでした。前にMJとジンジンが、ウヌがビンに八つ当たりばかりするからと話していたのをヨルムが聞いてウヌに文句をいいに行った日から少しずつ過去が狂い始めたようです。
でも、未来はもう分かっています。後は未来に向かって進むだけ!

練習室で新しいメンバーと練習をしているスンヒョク。それを見ていたイジェン。いい曲ですが、どう聞いても前にウヌたちが歌っていた曲です。

f:id:nanohana320:20170303112511j:plain

だからサナが慌てていたのか…心配になったのでサナのところへ行くことにしました。

イジェンが友だちと一緒にサナのところへ行くと、ラキもいました。練習はせずに帰るのか、と聞くと今から練習だといわれます。もう曲は出来ていると。

f:id:nanohana320:20170303112531j:plain

イジェンの隣にいた女の子がラキに「わたし今日からあなたのファンになるね」と言ってくれます。

f:id:nanohana320:20170303112546j:plain

サナが今日から審査が終わるまではしばらく会えないかもというと、がんばってねとイジェンはサナのほっぺにキスをします。

f:id:nanohana320:20170303112609j:plain

2人の女の子たちが去ったあと、ドキドキするサナとラキなのでした。(かわいい…)

f:id:nanohana320:20170303112632j:plain

f:id:nanohana320:20170303112651j:plain


ビンとアリンです。アリンが未来を知っているとわかったので、自分との関係がどうなっているのか聞いてみますが教えてくれません。本当は20歳になったら告白しようと思っていたのに…というビン。それに対してアリンは「わたしより先にヨルムに告白したほうがいいよ」といいます。

f:id:nanohana320:20170303112710j:plain


練習室で曲を完成させているウヌとMJ。しかし、MJは歌詞をうまく思い出せません。ウヌも最後の部分がうまくいきません。アリンも少しは曲のことを覚えているので手伝います。ビンは振り付けを考えます。時間もないので、先に残りのメンバーで練習することにしました。

f:id:nanohana320:20170303112736j:plain


ヨルムから電話をもらったアリン。差し入れの買い出しを済ませ練習室への帰り道、2人は正直に今までのことを話します。タイムスリップできるというと気味悪がられるかもしれないから隠していたアリン。ビンがアリンのことを好きだと気付いてからアリンと友だちになったことを後悔したヨルム。でも、未来でもまだ友だちになるでしょうというヨルム。アリンはそうよ、と答えます。

f:id:nanohana320:20170303112755j:plain


さあ、曲が出来上がりました!

f:id:nanohana320:20170303112816j:plain

練習開始です!

f:id:nanohana320:20170303110012j:plain

f:id:nanohana320:20170303110033j:plain

f:id:nanohana320:20170303110050j:plain

f:id:nanohana320:20170303110103j:plain


いよいよ審査の日。困難があったけどここまでやってきたウヌたち。大切なのは自信を持つことという先生の言葉を信じて会場へ向かいます。

f:id:nanohana320:20170303105924j:plain

f:id:nanohana320:20170303105940j:plain


控え室待機中の2チーム。スンヒョクが今日でどちらが負け犬か決まるなと声をかけてきます。

f:id:nanohana320:20170303105818j:plain

でも、あとは自分たちらしくやるのみ。緊張を吹き飛ばすために掛け声をし、ステージへ向かいます。

f:id:nanohana320:20170303105752j:plain


…ん?MJの様子が変ですよ…?

f:id:nanohana320:20170303105711j:plain

f:id:nanohana320:20170303105727j:plain

続く